オタクしてないで絵を描けよ

自称イラストレーターだったはずの、アイドルオタク(女性アイドル)で時々踊り子の病弱な30代渋谷区在住OLがオタク活動と推しへの愛とその時の推してるものを語ったり、たまに制作日記や画材界隈の話も書くブログ。

自称イラストレーターだったはずの アイドルオタク(女性アイドル)で時々踊り子の病弱な渋谷区在住OLが
オタク活動と推しへの愛とその時の推してるものを語ったり、
たまに制作日記や画材界隈の話も書くブログ。


【フェクモ感想】シーズン2の1話

www.fakemotion.jp

いや暗い…暗いな…

 

 

話が暗い…希望が本当に蜘蛛の糸ほどしか見えん。

土方とモンキーとトビーで手を取りあった時、かつてのライバルが手を結ぶ感動のシーンなのに

 

「いや、弱ぇえ〜」

 

と思わずテレビに向かって呟いてしまったほど。

 

今流行りの呪術廻戦の呪術師の階級に例えると、
(オタクすぐ例える)

 

特級、1級、準1級クラスの、

松陰さん、リッツ、コウ様、近藤

2級の沖田

が、いなくて、

3級の土方と4級のモンキー、トビー

だけで、特級呪霊の織田を倒そうって話でしょ。

むーりーだーよー

…っていう導入でしたね。

 

 

…ということでお久しぶりのFAKE MOTION関連の更新です。

実は好きなギフテッドやメイキング映像の感想記事など下書きは5つくらいあるのですが、書き終わりませんでした!

完成させられないタイプね!ダメ人間私!

せっかくFAKE MOTIONシーズン2がはじまったので、軽く感想を書いていきたいと思います毎週………いや、毎週じゃないかも!(保険)

 

 

過去記事をご覧いただくと、私がどれだけ恵比寿長門学園卓球部部長松陰久志さんにこじらせた思いを抱いているかわかると思います。

今はDISH//さん大好きですが、もともとEBiDANのオタクではなく、

「○○くん出てる!尊い!」的な補正もないので、

ただただシーズン1を引きずった、松陰推しFAKE MOTIONのオタクの感想であることをご了承願います!

 

 

いや暗いよね(2回目)

 

全体的に登場人物の過去や背景が暗めだったシーズン1は、

物語の構成としては必ず最後に逆転劇がはいるし、

それがヒーロー的な感じだったので、どんな悲惨な状況でも、「おもしろwww」っていう後味で終われたのですが、

 

負ける気がしねぇな!

から、

負ける気しかしねぇ…

 

の、マイナススタートなのは大きく違うところかなと思いました。

 

ただ物語の雰囲気が違うことは、俳優さん達のインタビューで事前に知っていたので、全然違うじゃん!幻滅!みたいなことはないです。

シーズン2主演、土方役の板垣瑞生さんのインタビューで、

「土方はダークヒーロー」

と仰っていたのが気になっていたのですが、1話の時点でも、なるほどな…と感じるところはありました。

 

シーズン1の主役リッツは、抱える背景や性格は暗いところは多少あれど、役者さんの性質もあってか、やっぱり「陽」の主人公だったなと思います。

おなじみのジャンピング卓球もヒーロー的ですしね。

対して土方はギフテッドこそリッツよりずっと強そうですが(シーッ!)

誕生日に両親が自殺したという、

卓球からめなくても十分ドラマになりそうな過去を持ち、

しかも親がわりの存在だったマザーが目の前で理不尽に選手生命を奪われる程の怪我を負わされるというスタート。

友達ディスられたから殴っちゃった(てれぺろ)がだいぶ軽く見えちゃうね!

(シーズン1のリツコウ友情物語大好きですよ!念の為)

 

ギフテッドもあの苦悶の表情から繰り出される切り裂くような打球と、一発で腕ダメにしちゃう諸刃の剣な技はまさにダークヒーロー的。

壁とラケットを破壊するというと、西郷のギフテッドに近い気がするけど、自己犠牲の部分を考えると、松陰さんに近いのかな…と。

「命をかける」というワード、何度も使ってますしね。

そう言えば、シーズン2のCMでも、松陰さんの

「チームの為だったら命だってかけられる」

が冒頭にきてますね。


1/20(水) 深夜24:59スタート ドラマ「FAKE MOTION-たったひとつの願い-」60秒告知

いや松陰さんシーズン2出ないじゃん、完全に2020年の顔俳優こと北村匠海さんの人気で視聴率上げようとしてるじゃん…と、思っていたのですが(ひどい)、

ここまで「命をかける」のワードが前面に出てるのを見ると、

松陰さんの命かける(マジの意味で)精神を受け継いでいるのかもしれない。

いや死ぬな…

むしろ松陰さんから学んでくれ頼む…

と思っていたら、新キャラクターの明智が言ってくれてましたね。

 

「この世に命より大切なものなんて無いんだ!」

 

明智

それ半年前に言いに来てくれるか…

 

仲間の為に命をかける。自己犠牲。犠牲の上に平和が成り立つ。

シーズン1はたしかに2より明るい雰囲気でしたが、松陰さんのことを考えると、決して誰もが納得する

「後悔しようない最終回だーーー♪︎(疾風迅雷より)」

では無かったわけで。

過剰な表現ですが、松陰さんの犠牲の上に成り立った平和があって、それが崩れて、

また土方が自分を犠牲にして平和を取り戻そうとしているところに、その繰り返す誤ちを止める為に、どうやら大阪で仲間を失ったであろう明智が現れた。

…というテーマで見ても面白いかもしれないなぁ…と、松陰さんを引きずり倒してるオタクとしては考えたわけです。

 

その明智の仲間?ですが、

あれ…

 

完全に殺人現場でしたよね?

 

松陰さんは卓球で命は削ったけれども病気の影響が大きいので(そもそもその病気も卓球で勝って放火されたからなのですが…)

死亡説を採用するとしても、ベッドの上で亡くなってるわけですけど、

殺人はな…

これ、殺人だとしたら、

法律は!?

そうなるともう高校がどうこうじゃないのよ、

卓球戦国時代の日本は無法国家ってことになるのよ。

まあでも、上位校の暴力が横行していた時点で無法国家か…

戦国時代だもんね。

年代が現代(20XX年)ってだけで、戦国時代だから。

泣かぬなら殺してしまえホトトギスだから。

FAKE MOTIONに過度なツッコミ厳禁だったそうだった。

 

 

そういえば、シーズン1の登場人物って、戦国時代なのに名前は幕末でしたが、シーズン2はちゃんと戦国時代ですね。

っていうか明智十兵衛って…そのまんますぎるでしょ…

現在放送してる日本のドラマで、「明智十兵衛」が2人いるからね。

1人が大河ドラマ麒麟がくる明智十兵衛の長谷川博己さん

そしてもう1人が「FAKE MOTION」明智十兵衛の草川直弥さん!

いや、すごいな。

大河が延長したことによる奇跡ですね。

大河ドラマかFAKE MOTIONか、

長谷川博己か草川直弥か!ですよ。

…はい、話が逸れましたね。

 

というか今回こんな長く書くつもりはなかったのに…

 

・いや!エビ高卓球部専用練習場できてるwwwww

・新部室、2-3人でやってる会社の事務所感wwwww

・土方と御茶ノ水英明学院一緒にいるんだけど!どうしよう、最終話で勝ってみんなで笑いあってる最中にサンドバッグの恨みで後ろから刺されたりしたら…

 

…みたいな軽い感想を書こうと思っていたのに、ここまでシーズン1こじらせ妄想多めで大変申し訳ありません!

 

まだ新キャストにもほぼ触れてないので少し…

 

荒牧慶彦さんの織田は、あのラスボス感すごいですよね。

FAKE MOTION違う次元に来たな(色々な意味で)…っていうのが、織田の存在感だけでつたわりますよね。

心が読めるギフテッドは、いよいよ卓球関係ないな!

という感じですが、そのくらいが楽しいよね!…となってくらいFAKE MOTION大好き脳なんですよ。

しかし、心が読めるとなると、リッツや彩ちゃんの先読み系のギフテッドがだいぶ弱く見えるの切ない…

感情だけが見える、しかもイライラしてる人は全部赤に見えちゃうカラージャッジはまさに下位互換な感じなので、もし沖田彩ちゃんが日本に残っていたら、ボコられるのは彩ちゃんだったかもしれないね…

い、いなくて正解だって!(自己暗示)

 

いないといえば…

私のオタクTwitterアカウントTLの方でも

不自然にシーズン2で消えてるシーズン1メンバーについて、なんでいないの?とツイートしてる方がちらほらいたり、

オタクではないけど、別番組からDISH//を応援していた方からリプ頂いたり、

「普通に」ドラマを楽しんでた方で困惑された方も多そうですが…

シーズン1に出演していたエビ高・薩川・八高の選手(名前があった選手)でシーズン2にいないのは8人。

キャストさんが続投しなかったのは、演出の都合もあれば、本人や事務所の都合もあると思いますが、

ドラマのキャラクターとして、なぜいなくなったかは、実はシーズン1終了後、オンラインで開催された朗読劇で触れられましたね。

個人的にはあの朗読劇の内容をフェクモ正史として考えていいの?と多少疑問はあるのですが…

コロナがなかったらオンライン朗読劇自体あったかわかりませんし、

新たに考えられた話だとしたら、タイミング的にシーズン2の撮影も終わっているから、視聴者の反応を見て書かれた可能性も。

(そういえば、八高verの朗読劇は直前でシナリオ変わったなぁ)

物議を醸した「中国にいる鼻歌で相手の聴覚を奪うギフテッドの選手」とか、どうしても松陰さんのラストに阿鼻叫喚した視聴者への配慮としか思えないんですよね。

まぁ、沖田彩・市村辰が主役の「FAKE MOTIONⅢ ミスターマツカゲを探せ」がいつか上映される希望を1mmでも持てるだけ、ファンとしては幸せなのかもしれませんね。

なるほど、松陰さんは魂になったのか。

(オタクすぐ別沼ジャンルネタに走って悦る~)

 

 

さて、書きすぎましたね。これは毎週書かないフラグ立ちました!

来週薩川が出てくるみたいなので楽しみですね。

「トンチキドラマ」と言われているFAKE MOTIONですが、

良い意味でトンチキな雰囲気を作っていたのは薩川大学付属渋谷高校さんだと思うので、この暗い始まりに、島津に会いたいよ…と、思わず。

ボルケーノスマッシュVS土方のギフテッド で、壁破壊ギフテッド対決が見れるのかも注目!

 

 

それでは最後におまけです。

先月DISH//さんのオンライン特典会がおこなわれました。

FAKE MOTIONに、松陰さんに出会えたことで、コロナ禍の鬱々した毎日に彩りが灯されたこと、それをきっかけにDISH//さんにもハマり、自粛期間誰にも会うことがない毎日でも、DISH//の円盤やCDを配達してくれる配達員さんにはたくさん会えたこと(ごくろうさまです!とにかく全部かき集めたから買うサイトがバラバラで何度も来ていただいて申し訳ありませんでした!!!)

ということで、演じられた北村匠海さんにはお礼を申し上げねばならない。

その時のレポートがこちらです。

 

f:id:lisa-serahaus:20210205231649j:plain

北村匠海さんオンラインサイン会

ちなみにこのあと、数々の女性アイドル現場を共にしてきたオタクの仲間に、

北村匠海さんの接触、めちゃくちゃおもしろいぞ」

と、連絡したのは言うまでもありません。